創業蔓延元年 伝統の市田柿、桃を生産・販売 飯田市のピアブランカ

  • 桃 梨 リンゴ
  • 美味しい桃
  • ナシ 大人気の南水
  • アルプスと河岸段丘が美しい南信州
  • 南信州 晩秋の風物詩【柿すだれ】
  • 150年の伝統を引き継ぎ信州の田園風景を守り続けます
  • 市田柿 11月後半の光景
ピア ブランカ 株式会社
〒395-0001
長野県飯田市座光寺4654
TEL.0265-24-5766
FAX.0265-24-5744
 
   
ナシ『幸水』の収穫、最盛期です。
ただ今、ご注文数が在庫量を上回りそうな勢いのため、ネットでの受付を中止しております。
どうしても『幸水!』というお客様は、8月17日頃お電話にて直接お問い合わせください。
 
豊水は、8月後半から、
高級ナシの南水は、9月10日頃から収穫開始の予定です。
 
 

ピアブランカ 田園ブログ

ピアブランカ 田園ブログ
フォーム
 
市田柿 現状
2017-12-03
晴れて乾燥し、朝晩かなり冷え込んできました
美味しい市田柿づくりに絶好のコンディションです

今、ハウス内は、吊るした市田柿と仕上げ中のコンテナに載った市田柿が同居状態です

出荷も近づいてきました
 
市田柿 回す機械
2017-11-29
市田柿は吊るして、ある程度の水分量になったら機械に入れて、柿中の水分と糖分を出していきます

ここからが職人の腕の見せどころ

柿をしっかり仕分けして柿の表面の様子を常に見ながら機械を回していきます
 
市田柿 仕上がりじょ
2017-11-28
この11月珍しい小春日和です

日中の暖かさ、朝晩の冷え込み、朝霧、いろいろな天候条件が相まって美味しい市田柿が完成されます

段々、白くなってきました

初物を味見しました

すごく、美味しい❗

 
市田柿 干し作業始まる
2017-11-25
今年の11月は寒すぎます
ようやく、吊るしてある柿をおろして
揉んだり干したりする仕上げの仕事に入りました

そこそこに暖かい晴天が続くと嬉しいです
 
市田柿 土
2017-11-21
昨年、市田柿の根元にワラを敷きました

1年たって、どんな様子か覗いてみました

ワラは、土に当たる部分が黒くなり、半分ほど土と同化しています

虫がたくさんいます、ミミズ、ダンゴ虫、クモ、ゲジゲジ、名前が分からない…

彼らや微生物は、土を体内に取り入れてフンとして出すことで、窒素なら5倍もの量を増してくれます

土に自然体の生きる力をつけてあげれは、土が自らの力で、植物が生きる栄養素を作り上げてくれるのです

 
市田柿コンテナ洗い
2017-11-16
市田柿作りの第一段階の収穫や皮むきが終わりました

使用したコンテナを洗います

柿の渋が付着して、なかなか大変な仕事です

 
市田柿 順調
2017-11-15
市田柿を吊るし始めて17日が経過しました

もっとも小さいもので43%まで干上がってきました

この%がすごく大切で、38~35%になったら、干してある市田柿をおろして仕上げに移行します

数日後までの天気判断と永年の経験がモノをいいます
 
市田柿 園地
2017-11-15
市田柿の収穫が終わり、早くも来季に向かっています

管理キで溝をほり落ち葉を埋めます
葉に着いた病気を来季に持ち込ませないためです

溝を掘ると、サラサラの黒い土、ミミズもたくさん…う~ん、良い土だ‼
 
収穫後の市田柿
2017-11-06
市田柿は1つずつ手で捻るようにもぎ取り、ビクに入れていっぱいになったらコンテナにあけます

だいたい1日に50コンテナくらいは収穫します



 
市田柿と秋晴れ
2017-11-05
今日は、収穫する前の市田柿が樹で実っている写真です

またまだ収穫は続きます
 
 
 

市田柿作業風景の動画です。

市田柿作業風景の動画です。
 
市田柿の皮むきです。
これは、時代と共に進化していて、今は、吸引式の機械が主流です。
福島県のアストラ社が開発しました。
とても素晴らしい市田柿の皮むき機です。
020390
qrcode.png
http://pierblanca.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<ピア ブランカ 株式会社>> 〒395-0001 長野県飯田市座光寺4654 TEL:0265-24-5766 FAX:0265-24-5744