創業蔓延元年 伝統の市田柿を生産・販売 飯田市のピアブランカ

  • 南信州 晩秋の風物詩【柿すだれ】
  • 150年の伝統を引き継ぎ信州の田園風景を守り続けます
  • 市田柿 11月後半の光景
  • アルプスと河岸段丘が美しい南信州
  • ナシ園
ピア ブランカ 株式会社
〒395-0001
長野県飯田市座光寺4654
TEL.0265-24-5766
FAX.0265-24-5744
 
   
ピアブランカ市田柿ファンの皆様、2018年度産市田柿の申込み受付も近づいて参りました。
11月初め受付開始を目処に準備を進めております。
 
市田柿の中でもトップレベルの味覚を誇る、江戸末期より150年以上続く農家・ピアブランカ伝統の市田柿を楽しみにお待ち下さい
 

ピアブランカ 田園ブログ

ピアブランカ 田園ブログ
フォーム
 
ジャガイモ植えました
2017-04-02
今年は春の訪れが遅いです

春休み中の娘とジャガイモのキタアカリとメークイーンを植えました

大きな種芋は半分に切ります

完熟堆肥をたっぷり混ぜた畝に植えました

我が家では毎週日曜日はカレーライス
このジャガイモは7月には収穫できますが、カレーですぐに消費されちゃいます
 
3月末の雪
2017-03-26
春分の日も過ぎ日に日に春が近づいていますが、今朝は雪でした

桜が咲くころまでは、こういうこと稀にあります

今朝は、早朝から地域の井浚いで、寒かったなぁ
 
桃 てきらい
2017-03-20
摘蕾→てきらい と呼びます

桃は、ひとつの蕾にひとつの花が咲いて、ひとつの実がなります

桃の蕾の数は、かなり多いので、そのままにしておくと、木が弱り、良い実がなりません

花が咲くまえに8割ほどの蕾を取ります

指先で、しごくように動かすと簡単です



 
リンゴ畑
2017-03-17
シナノスイートの剪定、誘引 第一段の畑が終わりました

高密植栽培の園地は整然としていて気持ちいいです

 
シナノスイート 誘引
2017-03-09
標高700メートル、連日、雪が舞っています

栽培はじめて2年目で、少しずつリンゴの仕事の流れも掴んできました

高密植栽培は、枝を下垂させるので紐で誘引します

3月の地道な仕事です
 
リンゴ 棚張り
2017-03-08
リンゴで一番人気、シナノスイート高密植栽培です

棚の一番上に被覆線を張りました

この畑は、前任者から譲り受けたものなので、線張り仕事は生まれて初めてのことです

若い力の結集で、しっかり張れました
これで強風にも動じません

新しい仕事は、いろいろ新鮮で勉強になります
 
冬の市田柿の木
2017-02-19
今、男性社員は、柿の木の剪定をしています

畑の様子は写真の通りです

幹周辺には、完熟堆肥を広げ、その上から細かく刻んだワラを敷きます(この仕事は11月)

ピアブランカの土づくりの考えは、人間の内臓と同じです
化学肥料は、栄養価の高い高脂肪高たんぱくの食材と見なします

人間は、腸内環境が優れているなら健康的です
メタボの人に、ステーキを与え続ければ、先は短いです

作物も、土壌内の微生物がしっかり働ける環境をつくってあげれば、病気にもかかりにくい健全な木になります

 
市田柿 販売 終了
2017-02-16
2016年産の市田柿 完売となりました
これをもちまして、2016年度の販売を終了致します

数多くのお客様、たいへんありがとうございました

2017年産は、2017年11月1日申込受付予定です

なお、5月頃からは、これまた大好評の桃
 
市田柿 発送日のお知らせ
2017-02-09
2月11日(土)は休業日にあたるため、10日(金)が市田柿発送日となります

 
南水畑より南アルプスを望む
2017-01-31
冬は空がきれいなので、山の稜線もくっきり見えます

今日から標高650㍍の南水畑での剪定が始まりました

3000㍍超の北岳や塩見岳などの南アルプスがとても美しく見えます

信州に暮らしてて良かった、と思える光景です
 
 
 

市田柿作業風景の動画です。

市田柿作業風景の動画です。
 
市田柿の皮むきです。
これは、時代と共に進化していて、今は、吸引式の機械が主流です。
福島県のアストラ社が開発しました。
とても素晴らしい市田柿の皮むき機です。
014485
qrcode.png
http://pierblanca.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<ピア ブランカ 株式会社>> 〒395-0001 長野県飯田市座光寺4654 TEL:0265-24-5766 FAX:0265-24-5744